【fiverr】5ドルで発注!海外クラウドソーシングサイトを使ってみた!

留学に向けて英語の勉強をしているのに、DMM英会話以外で使う機会がほとんどないため海外のクラウドソーシングサイトfiverrを使い仕事を発注してみました。普段の教材では学ぶ事が出来ない生の英語でのメッセージをやりとりが出来るのでとても良いですよね。

★この記事は英語学習者・クラウドワーカー・ブロガー向けです。

fiverrとは?

fiverrとは、イスラエル発の世界最大級のクラウドソーシングサイトの1つです。

なんといっても$5(約560円)~で発注できるのがfiverrの魅力ですね!!この価格なら失敗しやすいですしクラウドソーシング活用していこうと考えている人にはよい入り口になると思います。

クラウドソーシングとは、グラフィックデザイナーやプログラマー、マーケティングなど幅広いジャンルの人に仕事を発注できるサービスです。

fiverrを使う際の注意点としては、基本的にメッセージでやりとりしますが基本的に英語です。

母国語以外で仕事を発注する事はほとんどないですよね。

実際に発注した際、小さなトラブルがありました。(後述します)

基本的にトラブルを楽しめるタイプなのでトラブルキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!! 

って一人で喜びましたがストレスに感じる方はfiverrのようにワンコインでクラウドワーカーを探せるココナラがオススメです!もちろん日本語OK!なのでコミュニケーションに困ることもありません。

私のアイコンもココナラで作成頂いたものを使用しています!(ロゴは自作)

実際に発注してみた!

とりあえず今回作成してもらったWhiteboard Animation Videosを観てください。


 

もし失敗しても$5だし、ブログのネタにすればいいやー!という勢いでレーディングと金額と見本サンプルを見て気になった複数人にメッセージを送りました。

その中で暗号通貨トレーダーでありクリエイターのパキスタン人男性が居たので迷わず彼に決定!!

3日ほどでホワイトボードアニメーションを作成して頂きました。

しかし、ダオのイラストとロゴを動画内で使ってほしいと伝えたのに一切使われず。。一応、使われていない事を伝えましたがどうにもならず今回は諦める事になりました。。

おわりに

今回は5ドル~発注できる海外クラウドソーシングサイトfiverrで実際にホワイトボードアニメーションを発注してみました。

英語を使い初めて依頼した結果は失敗でしたが、やはり実際にやってみないとわからないことがたくさんあったので経験値アップは出来たと思うので良かったです。そして、英語を今以上に頑張らないといけないことを痛感しました。