【翻訳記事】DAIとCDPユーザーストーリー(MakerDAO)

a16z cryptoがMakerDAOの6%を取得しました。
参考 a16z crypto purchases 6% of MKR, backing Stablecoin Vanguard MakerDAOMakerDAO

a16z cryptoは$300M (約340億円)の米ベンチャーファンドです。彼らが投資したMakerDAOは今の暗号通貨界で数少ない実需を生んでいるプロジェクトです。では、どのように使われているのか?それについてMakerDAO公式ブログにとても良い記事があったので翻訳しました。

参考 Dai CDP User StoriesMakerDAO 以下、翻訳です。

 

DAIとCDPユーザーストーリー

CDP(Collateralized Debt Position)をどのように使ったらいいのか興味がありますか? DAI(Dai Stablecoin System)は、営利目的のトレーダーと安定性を求める保有者の両者が分散型エコシステムに参加する機会を提供します。 DAIを作成するには、EtherをMakerプラットフォームのCollaeralized Debt Position(CDP)に送る事で作成する事が出来ます。誰もが自分のEtherを担保としてロックすることで、DAIを発行することができます。

Dai Stablecoin Systemは、CDPを中心に構築されており、これらは完全に分散されたインフラストラクチャです。ユーザーは、第三者に頼ることなく、そしていかなるパーミッション(許可)を必要とせずに、さまざまな方法でシステムに関わることができます。 MakerDAOはまさにインフラストラクチャプロバイダであり、我々はユーザーがこのプラットフォームにさまざまなユースケースを見つけることに興奮しています。

ユーザーがCDPを使いDAIを作成する理由は様々です。自動車ローンを取得し返済した人、住宅ローンを返済した人、家計の経費に充てた人。他にも金融的な興味からDAIを借りた人などがいました。
彼らから、興味深く説得力のある話を聞くことができたので、今回CDPをどのように使用してきたかを紹介します。

夢だった車を買う(PJストーリー)

District0xのチームメンバーであるPJは、長い間車が欲しいと思っていましたが、いろいろな理由から購入を先延ばしにしてきました。しかしCDPを利用しETHを担保にDAIを発行したPJは夢だった車を買う機会を得ました。さらにPJは、DAIについての彼の考えを明確にしています。「分散型銀行から即時融資(instant loan)を受けることができるのは、クリプトエコシステムが非常に有望で画期的なものになってきている証拠です。 DAIとCDPのセットは、まさにクリプトエコシステムのゲームチェンジャーであり、それはDAIを活用したいと思う人々のためのものなのです!」
PJについての全容は以下の通りです。 「私(PJ)は長い間次の車(中古)を買いたいと思っていましたが、私は以下の理由で1年も先延ばしにしてきました。
1)私のクレジットスコアは700以下なので金利が高くなる
2)”妥協”したくなかった。私は心から欲しいと思う車が欲しかったし。ふさわしい車が現れるのを待っていた。
3)しかし私は車を買うために保有しているETHを売る気はつもりはなかった。
去年12月。私は私の兄とキッチンに座りDAIについて話していました。私達はEtherを担保にDAIを発行し、そのDAIでETHを買いレバレッジをかける方法。ETHを担保にDAI発行しそれをUSDする2つの方法を考えました。後者の場合、それを新しい車のローンとして使うことができると私達気づきました。銀行からお金を借り、ディーラーに高い金利と手数料を奪われてしまうのではなく、私達はCDPを活用し保有するETHの一部で担保にDAIを発行しUSDに替え、現金を引き出し車のを購入することができます。
そして、夢だった車を購入しました。私はDAIとETHを使い資金調達(実際はローン)をしたことで夢だったMW 335i Sport Sedanに乗っています!私は暗号通貨を深く深く愛しています!
“THX DAI”というナンバープレートを調べる 必要があるかもしれません。

住宅ローンの返済(MrStormLarsストーリー)

ユーザーの一人であるMrStormLarsは自らの経験を紹介してくれました。

「私は10ドルのときにETHを購入しました。そのあとの事は誰もが知っているように、この投資は私に非常に多くの利益をもたらしてくれました。DAIがローンチされた時、私はETHのポジションを維持しながら住宅ローンを返済する機会を得ました。妻のために。私は暗号通貨の投資(冒険)から得たものは、理論的なものから現実のものへと変わりました。それはとても楽しいものでした。

コーヒーカートを購入(Ernmkrストーリー)

あるユーザーは、個人的に興味深い少し変わった理由でCDPを作成しました。

ユーザーErnmkr氏は次のように話しました。「CDPからコーヒーカートを購入するために約4000DAIを引き出しました!今はコーヒーマシンを見つけなければなりません。私はDAIをコーヒーの支払いとして受け入れたい!w」

自動車ローンの支払い(latetotストーリー)

ユーザーの一人であるlatetotのストーリーです。「私は自動車ローンが残っており、それは4%の利息を支払わなければいけません。もし私がそれを支払うためにETHを売却した場合、キャピタルゲインに対して税金がかかります。だから私は代わりにCDPを使ってDAIを発行し、ローンを返済したのです。今の私の金利は0.5%です。素晴らしい。」

注意
マルチ担保になるため金利は変更予定です

レバレッジをかける(klugezとong_of_the_freeストーリー)

今回のストーリーは、CDPを作成してレバレッジをかけてETHを追加購入した2人のユーザーがいます。彼らがとった行動の理由を見ていきましょう。

まず1人目のユーザーklugez「私はCDPを作成しDAIを発行し、そのDAIでさらにETHを買いました。私はETHのレバレッジをかけたポジションをとるためにそうしました。また、ブロックチェーンから融資を受けるというアイデアはなにかSF小説のように思えたのもレバレッジをかけた理由の一つです。」

2人目のユーザーsong_of_the_free「私はCDPを作成してDAIを購入し、それを使ってETHを購入しました。これを私が信じているいくつかのEthereumプロジェクトに投資するためでした。何セントか払って「非中央集権的な銀行(MakerDAO)」からインスタント・ローンを取得する考えは魅力的です。私はちょうどスマートコントラクトで何かをしてみたいと思っていました。」

借りる(tarpmasterストーリー)

tarpmasterの話です。「ETHの約10%をCDPに入れました。2〜3週間前に発行したDAIの約20%でMKRトークンを購入しました。MKRトークンの価格は私が買った時よりも35%ほどアップしました。残りDAIは今のダウントレンドでETHを買うために使いました。940ドルくらいの時。私は約275%の担保率です。DAIを作成するために、私はParityを使用しました。なので、通常のLedger Walletアカウントを使用することができます。さらに、私はあと数ヶ月したら家を買う予定です。私は「借りている」ETHの一部を使うつもりです。私はまたCDPを使って税金を支払うつもりです。私のすべての取引はBiboxで行っています。出来高は十分にあり、とても快適に使えます。 DAIを使用してETHを購入し、他には何も取り出さずにそれをBlockfolioに記入するのは良い気分です。」

子供手当の支払い(とある夫婦のストーリー)

私達は、子供手当を支払うというようなちょっと変わった状況について議論しているユーザーの話も聞きました。出された一つの提案は、チェーン手数料を減らすためにRaidenを使用することが、DAIの分配に役立つのではないかというものでした。Daiとのチャンネルをプリロードすることにより、ユーザは手当が分配されるたびに発生するオンチェーンの手数料をなくすことができます。


おわりに

今回は、Dai CDP User Storiesを翻訳してみました。
初めて読んだ時に、MakerDAOはあらゆる人に選択肢を与えつつ、ドルペッグを分散化で行おうとしている素晴らしいプロジェクトだと思いました。これから多くのDEXなどにステーブルコインとして組み込まれていき便利になっていく事に期待したいと思います。